web

SourcetreeのSSH keyを生成する機能を使ってGitHubにssh接続する

公開日:2022年2月13日
最終更新日:2022年2月13日
目次
  • SSH キーの生成
  • キーを確認したい
  • GitHubでキーを登録
  • 接続確認
  • Permission deniedと言われる時

GitHubにssh接続するときに毎回調べてるので覚書として書いておきます。

コマンドを使ってSSH keyを生成して、GitHubとSourcetreeに設定する方法もありますが、Sourcetreeで生成する機能を使えばコマンドを使う必要ないので楽です。
今回はそのSourcetreeを使う方法でやっていきます。

SSH キーの生成

Sourcetreeを起動したら、「設定」→「アカウント」を開きます。
「追加」ボタンを押して、ホストで「GitHub」を選択します。


「アカウントを接続」を押すと、ブラウザが開きGitHubにログインしていれば、自動的にユーザーとリンクしてくれます。


キーがないので、「キーを生成」を押します。パスワードを聞かれるので、任意のパスワードを設定してください。


作成を押すと、必要なpublic keyとprivate key、configを生成してくれます。
クリップボードにコピーを押すと、public keyをコピーしてくれます。
保存して、アカウントを登録しておきましょう。

キーを確認したい

以下のコマンドで生成されたキーがあるかを確認できます

// .sshへ移動
cd ~/.ssh
// ファイルを確認
ls


GitHubでキーを登録

GitHubの「設定」→「SSH & GPG keys」のページで「New SSH key」ボタンを押す。
Titleはわかりやすいタイトルを、keyにクリップボードにコピーしているpublic keyを貼り付け、「Add SSH key」を押します。


これでGitHubでの作業は完了です。

接続確認

以下のコマンドを打ちます。

ssh -T git@github.com


以下のように表示されればOKです。

Hi {account名}! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.


Permission deniedと言われる時

以下のコマンドでssh keyを登録します

ssh-add ~/.ssh/{秘密鍵}


-K をつけると再起動しても毎回言われなくなります。

ssh-add -K ~/.ssh/{秘密鍵}

About the author

大阪でフロントエンドエンジニアをしています。写真を撮るのが趣味です。よかったら500pxに載せてる写真も見てください。
web上に公開しているので、正確さに可能な限り努力してますが、個人の備忘録程度に書いてるので、ご自身の判断で参考程度に読んでください。
間違いやご意見があれば、コンタクトやSNSに気軽にご連絡ください。

Read next

Category

  • web
  • 雑記